審査に落ちる原因とは?

  • HOME »
  • 審査に落ちる原因とは?

はっきりと断定することはできませんが、審査に落ちる原因というのはいくつか考えられます。

会社の勤続年数が少ない

安定収入が見込めるとされる勤続年数のボーダーラインは、だいたい1年程度です。ですので今年入社したばかりの新入社員の方や、転勤したばかりの方だと、「安定収入が見込める勤続年数に満たない」と判断されて審査に落ちてしまう可能性も。これらに当てはまる方は、1年以上経ってから再度申し込むのがいいでしょう。

これまでにクレジットカードを作ったことがない

若い世代だとあるかもしれませんが、ある程度の年齢で過去にクレジットカードを作ったことがない方だと、それが原因になることもあります。年会費無料のクレジットカードの会社はたくさんありますので、まずはそちらに申し込んで実績を作ったほうがいいかもしれません。

申し込み時に虚偽の内容を記入している

実はこの「申込用紙の内容の事実との相違」が、カードローンの審査に通らない原因第一位なのです。これには故意的に虚偽の内容を書くことだけでなく、うっかりミスも含まれます。このような理由で落ちてはもったいないので、申込用紙の記入はよく注意して、完成したら1度確認するようにしましょう。

既にたくさんのキャッシングを利用している、または借入残高が高い

総量規制というものがありますので、自分の年収の3分の1を超える借入額が既にある場合は、それが他社であっても銀行系を除いて、新たな借り入れはできません。また、他社での借り入れ件数が多い場合も、それが原因で審査に落ちるケースもあります。

過去にカードローン、クレジットカードなどの返済が遅れた経験がある

カードローンやクレジットカードの返済遅延があると、信用情報機関に登録されてしまいます。そうなると新たな審査にも響きますので、不安がある方は情報の開示請求をしてみてもいいかもしれません。この情報は一定の保有期間が定められていて、この期間を過ぎれば履歴もクリアになるので、新たに申し込みをすることが可能になります。

携帯料金などの支払いが遅れた経験がある

実はこの通信費などの支払い遅延なども、信用情報機関に登録されてしまいます。よくあるケースは分割で携帯端末を購入したのを忘れていて、支払いが漏れてしまうというものです。こちらのケースも、不安であれば信用情報機関に開示請求をしてみると判明するかもしれません。

奨学金の支払いを延滞した経験がある

最近多いのが奨学金の返済漏れです。こちらもやはり信用情報機関に登録されてしまうので、奨学金を借りたことがある方はこちらも確認してみてください。

短い期間中に複数社に借り入れをしている

短期間中に複数社に借り入れの申し込みをしていると、総量規制などにかかっていなくても審査に落ちる場合があります。なぜかというと、「一度に複数から借り入れをして借り逃げをするのではないか」という判断になってしまうことがあるからです。過去の借り入れ申し込み情報は半年程度の保管期間なので、心当たりのある方は半年経ってから申し込みwをしてみましょう。

消費者金融大手トップ3

PAGETOP
Copyright © 消費者金融ゼミ長 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.