敷居が低くなった?!消費者金融

  • HOME »
  • 敷居が低くなった?!消費者金融

緊急でお金が必要!という時にカードローンを思い浮かべる方も多いと思います。以前は知名度が低かったかもしれませんが、最近ではカードローンのCMをテレビで見かけたり、また銀行のポスターを見て知る方も多くなったと思います。その便利さから、カードローンの利用カードをお財布に念のためスタンバイしているという方も増えたことでしょう。

元々平成18年に施行された貸金業法では、なかなか借り入れをするのにもハードルの高い仕組みになっていたのですが、この貸金業法は平成26年に改正されてからかなり規制が緩和される運びとなりました。借り入れする側のハードルも下がり、一見借り入れがしやすい環境のようにも見えます。
実際に、本当に借り入れがしやすくなったのか?また、貸す側には何か難点は出てきていないのでしょうか。このページではこの「お金の貸し借りの本当の実情」に迫りたいと思います!過去にカードローンの利用に際してトラブルを経験した方、カードローンを利用して後悔する事があった方、またもちろんこれから初めてカードローンの利用を考えている方にも役立つ内容だと思いますので、ぜひチェックしてみてください。

貸金業法ってなんのこと?

先述した貸金業法ですが、なじみのない方にとってはなかなか詳しくはしらない法律ですよね。そもそも、賃金業法はどのようにして誕生したのでしょうか。
そもそもの発端は、まだ賃金業法が定まっていなかった頃、お金の貸し借りでのトラブルが相次いだことにあります。複数社からお金を借り入れして返せなくなってしまう、「多重債務者」がかなり増えたのですね。複数社から多額の借り入れをしたことで把握しきれなかったり、返済ができなくなったりして、自己破産に行き着く債務者もかなり多かったようです。これでは借りる側だけではなく、貸す側にもあまり良い状況とは言えませんよね。

そこで実施されたのが、平成18年から平成22年にかけて段階的に施行されたこの貸金業法です。これによって、貸す側で上限金額や金利などをコントロールして破産を防ごうということになったのです。
ただし、お金を貸す業者全てというわけではなく、クレジットカード会社と消費者金融だけがこの貸金業法の対象となりました。他の貸金業者、つまり銀行や信用金庫や労働金庫のカードローンでは対象外となります。基本的には消費者金融よりも銀行系のカードローンの方が審査は厳しいので、こちらは多重債務者になるリスクは低いとも言えます。そのため、こういった種別での貸し付け条件や規制の差があるという状態は、まぁ妥当だと言えるでしょう。

貸金業法の改定内容は?

貸金業法が施行される前は、かなり高い金利で利息を払う必要があっても借金をする他に選ぶ道がなかった…という方も多く、その結果あとあと多重債務を抱えてしまう結果になるケースが多発しました。貸金業法が施行されてからは、法律によって高すぎる金利は規制されたため、比較的返済計画が立てやすい環境となり多重債務者が減ったのです。

以前は実は多重債務を抱えた結果自殺に走るケースも多かったため、貸金業法が施行された後は借金を理由にした自殺者数の減少につながりました。これは借りる側にとってメリットが大きかったことを表していますが、今度は逆に貸す側の経営が厳しくなり、中小規模の消費者金融の倒産が相次ぎました。また、大手消費者金融ですら倒産してしまう会社もありました。これまでの高い利息での経営からの落差が大きく、貸金業法がかなりのダメージとなったようです。

その後平成26年に貸金業法が改定され、これまでの貸金業法での規制が一部変更となりました。その内容は簡単に言うと、「健全に運営している優良業者に限定して、金利上限や総量規制をなくす」というものです。総量規制というのは、「借主の年収の3分の1までしか借り入れができない」という規制のことで、金利にかんしてはその名のとおり、利子の比率のことです。これを、国が認可した一部の業者だけ対象外になるよう変更した、ということなのです。

賢い選択肢は総量規制対象外の銀行カードローン!その中でも「おまとめ・借り換えOKの三井住友銀行カードローン」はいかがですか?

消費者金融大手トップ3

PAGETOP
Copyright © 消費者金融ゼミ長 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.