消費者金融の形態は様々

  • HOME »
  • 消費者金融の形態は様々

借り入れするときの大事なキーワード

「総量規制」「上限金利」という二つの言葉は聞いたことがあるでしょうか。消費者金融のカードローンを契約するとき、重要なキーワードとなります。貸金業法の規則などは色々とありますが、この二つは私たち、つまり借りる側に最も深く関わる部分なので知っておきたいですね。消費者金融のアイフルやプロミスの扱うおまとめローンは例外として総量規制対象外となります。
「総量規制」とは借りる人物の年収の3分の1までしか借り入れができないという決まりで、「上限金利」とは法律で定められた、設定可能金利の上限のことです。

一般的な消費者金融は総量規制の下で、最高金利20%まで設定できるようになっており、更に健全な経営とのお墨付きの「認可貸金業者」になると、総量規制の対象から外れて最高金利も29%まで設定できるようになります。

消費者金融の形態

「消費者金融」と一口に言っても、その形態は様々です。従来の貸金業法の下では、日本貸金業協会に登録があり、自主規制の中で営業している会社が「消費者金融」「貸金業者」と呼ばれていました。しかしこの中には悪質な会社もまぎれていて、いろいろと不透明な部分から借主とのトラブルが発生することもしばしばありました。

その後貸金業法が改正され、たくさんある消費者金融の中でも特に国に認可された貸金業者が分かるようになったので、借りる側としてはトラブル回避のメリットが増えたと言えます。これまではそれぞれの違いが分からず、どこから借りたらいいのか決めかねていたような方にとって非常に安心して借り入れができるようになったということです。また国に認可された業者は総量規制の対象から外れる為、この制限に悩んでいた方にもメリットがあると言えます。
もともと貸金業法の対象外だった銀行等にとっては、この新たに設定された認可貸金業者はライバルとなるため、悩みの種かもしれません。けれど借りる側にとってみると、良い競争が期待できるので更なるメリットが期待できるかもしれません。

街金と闇金は一緒?

金融機関だったり、大手の消費者金融だったりすると、借りるための審査も厳しめで、過去に何かの支払いの延滞があったり、ブラックリスト入りしてしまった経験がある人はなかなか審査に通らないという事があります。
一方、「街金」だと比較的審査の条件も優しく借りられる人が幅広い傾向にあります。「街金」という単語を聞いても、お金を貸すところだという事以外は詳しく知らないという方もまだまだ多いかと思います。正確にはこの呼び名は俗称で、中小規模の消費者金融のことを指します。
繁華街などの街中に多くあるために「街金」と呼ばれるようになったのですが、実際に行ってみたら実はそれは「闇金」だった、というケースも多々あり、簡単に区別できるものではないようです。
街金は中小とはいえれっきとした消費者金融なので、日本貸金業協会に登録もありますし法律に基づいています。一方闇金は登録がないため、法律を守っているとは限りません。いわば無法地帯となるわけですので、闇金から借りてしまったら大変なことになりかねません。初めての業者から借り入れをする際には、それが闇金ではないかどうかチェックする必要があります。きちんと日本貸金業協会に登録番号があるか確認したり、所在地などもしっかりチェックしたりするように気を付けましょう。

消費者金融大手トップ3

PAGETOP
Copyright © 消費者金融ゼミ長 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.