街金業者の現状

  • HOME »
  • 街金業者の現状

簡単・シンプルな申し込みと手続きで、カードローンは今やすっかり一般的になりましたよね。借り入れも返済も街中にあるATMから行うことができますし、即日審査・即日貸し付けも行っている会社も沢山あり、緊急時に現金がすぐに準備できるとなると大変便利です。需要も沢山あるということで、銀行などの金融機関やクレジット会社、消費者金融など多岐にわたる業者で、カードローンの商品を取り扱うようになってきています。普段貯蓄などで利用している銀行でも、よく見るとあちこちにカードローンの広告が張ってあったり、画面に広告が表示されたりしていることに気付くことでしょう。

このように便利なカードローンですが、便利だからといって借り入れの返済金を別の業者で借り入れしてくる…といったようないわゆる自転車操業になってしまうと、大変なことになってしまいます。返済ができなくなりブラックリスト入りしてしまうと、ここから新たに借り入れをすることは困難になります。

ブラックリスト入りでも借りられる?街金

ブラックリストに入ってしまうとカードローンでは借り入れできなくなり、いよいよ困った…という状況の方もいることと思います。
実はこんな状況でも借りられる可能性があるのがいわゆる「街金」。街金というのは大手の広告を出しているような消費者金融とは違い、中小規模の消費者金融です。基本的には大手消費者金融と同じで「貸金業協会」に登録する事になっており、ここにきちんと登録がある業者であれば認可されているので安心です。銀行振り込みでの借り入れもできれば、現金でその場で借り入れすることができる場合もあります。もちろん、あまり利用する場面には遭遇したくないものですが、それでもいざというときに頼りになるのが街金です。

小規模の業者のほうが、ブラックリストに入っていても貸し付けをしてくれるなど、こういった部分では比較的柔軟に対応してくれるところが多いですね。手続きも大手金融業者とほとんど同じで、基本的には申込書と身分証明書があれば借り入れできます。審査は大手に比較すると優しめです。

ただし金利の部分では、銀行系や大手消費者金融に比べて高めの設定になっていることが多くあります。また、返済までの期間設定も短い傾向にあるので、この点は注意が必要です。気軽な気持ちで借り入れをしてしまうと、あとあと金利の返済で泣きを見る事になってしまいますので、きちんと返済計画を立てて置く必要がありますね。

減ってしまった街金業者

平成18年から始まった貸金業法により、お金を貸す業者は「利息制限法」で定められた上限金利の制限内で貸し付けを行う必要がでてきました。この制限は中小の街金業者にとってはかなりの打撃だったようで、これをきっかけに街金業者は以前にくらべてかなり数が少なくなってしまいました。それほど、中小の街金業者にとっては大きな利息が収入源になっていたということでしょう。ただそんな現状でも、少なくはなりつつも街金という存在はまだあるわけで、こういった業者であればブラックリストに載ってしまっている方でもチャレンジする価値はある、という大事な存在です。

配偶者貸し付けって?

配偶者貸し付けについては、あまり知らないという方も多いのではないでしょうか。こちらも困った時には便利な制度なので、覚えておくといざという時に安心です。

主にカードローンでの借り入れをする際に利用できる制度なのですが、夫婦の年収合計の3分の1を上限に、お金の借り入れができるというものです。現在自分一人の年収だけを目安に借り入れ上限が決まっているのであれば、こちらの制度を検討してみる価値があるかもしれません。

消費者金融大手トップ3

PAGETOP
Copyright © 消費者金融ゼミ長 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.