消費者金融で借り入れをする前に知っておこう

貸金業法って何?

お金を貸し付けすることで利益を得る業種は、ざっくりわけると二つになります。一つは、バンクイックといったメガバンクも含めた銀行や信用金庫、労働金庫などの金融機関です。もう一つは、カードローン会社やクレジットカード会社、いわゆる「街金」と呼ばれる消費者金融です。

貸金業法というのは、このうち「消費者金融」の方に関わってくる、お金の貸し借りに関する法律です。実は詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。借り入れを検討するのなら、この貸金業法についても知っておきたいところです。

貸金業法は平成18年から22年まで段階的に施行された法律で、平成26年に改正がありました。改正後の現在を見てみると、消費者金融の中でも健全な経営を行っている優良企業だ、と国から認可された会社は新たに「認可貸金業者」と認められることになりました。ですので現在は、「銀行系」と、消費者金融の中でも「認可貸金業者」と「その他」に分類されると言えます。
一概には言えませんが、一般的には審査基準は「銀行系」→「認可貸金業者」→「その他の消費者金融」の順に優しくなっていく傾向があります。
また、金利に関しては、この順番で徐々に上がっていく傾向があります。過去に何かを滞納するなどしてブラックリストに載ってしまうと、銀行系で借り入れをするのは厳しくなりますが、中小の消費者金融ならまだ可能性があるかもしれません。

街金で借り入れをするまえに知っておきたいこと

中小の街金で借り入れをするのなら、事前に注意しておくべきポイントがあります。
まず初めて利用する街金なら、その業者のことをしっかりと調べておきましょう。日本貸金業協会に登録をしているのが基本で、ホームページなどを見ればその登録番号が書いてあるはずです。その番号が本当に正しい物かどうか、日本貸金業協会のホームページも参照してしっかりチェックをしてください。
更に記載されている所在地や連絡先が正しいものかどうかも調べることができるので、合法的に運営している会社なのか、もしくははっきりいって「ヤバい会社」なのかどうかは事前に調べておきましょう。

これらのことは、契約してから調べるのでは遅いので必ず事前に調べましょう。大手のCMをやっているような消費者金融であればまず安心ですが、中小の街金になると、そのなかに法律を順守していない「闇金」も紛れ込んでいることがあります。闇金から借り入れをしてしまうと法外なトラブルが避けられませんので、ここは注意が必要です。

しっかりと事前チェックをして、安心だとわかったら、複数社を並べて比較するといいと思います。金利や借り入れ方法、返済方法などを比較して、自分にとって都合がよくメリットになる会社を選ぶといいと思います。

街金?サラ金?闇金?その違いは

「サラ金」「街金」「闇金」など、一度は耳にしたことがあると思います。「サラ金」というのはもともとの語源は「サラリーマン金融」というものであり、昔のサラリーマンを対象とした中小の消費者金融のことを指します。
銀行系のカードローンでは「利息上限法」に基づいて年利の上限を決定しますが、サラ金では「出資法」というものに基づいて決定していきます。ここが両者の違いになります。

そして「街金」と「闇金」は、一見違いがよく分からないのですが、実情は全く違ってくるので注意が必要です。「闇金」は法律を遵守していないため、いわゆるブラックな場所ですが、初めから漫画のように分かりやすく怖い方が出てくるわけではありません。借り入れをするまでは、一見人のよさそうな優しい対応をするので、なおさら注意が必要というわけです。それが実際ふたをあけてみたら闇金だった、となってしまうと困るので、事前のチェックが大事になってくるわけですね。

消費者金融大手トップ3

PAGETOP
Copyright © 消費者金融ゼミ長 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.